ウイルスの集団発生防止に役立つIoTの活用とSociety 5.0を実現する方法

coronaworld

ウイルスの集団発生防止に役立つIoTの活用とSociety 5.0を実現する方法

世界は、今世紀の最大の課題の1つに直面しています。 3月31日現在、世界中で784.440件のコロナウイルスの症例があり、医療機関は前例のないストレスにさらされ、経済と社会に大きな影響を与えています。

 

2015年既に、ビル・ゲイツ氏は、伝染病に対する準備が整っていないことについて警告していました。

伝染病を止めるためのシステムに実際にはほとんど投資していません。 次に起きうる伝染病に関しても準備はできていません。

Bill Gates

しかし以下のようにも述べています。

本当に良い伝染病に対して応答するシステムを構築する事は可能です。 私たちにはすべての科学とテクノロジーの恩恵があります。(省略) したがって、ツールを使用できますが、これらのツールはグローバル全体で医療システムに組み込む必要があります。

センサーとシステムのネットワーク

rsiagri
※画像は”Il Tirreno”より引用

どのように伝染病に対して応答するシステムを構築するのでしょうか。EurotechのCEOであるロベルト・シアグリは、彼のアイデアを以下に述べています。(原文はイタリア語)

IoTモードで接続されたセンサーネットワークは、感染症の広がりを検出して抑制するための迅速なアラートシステムを提供できます。 したがって、大量の同種データが収集されると、人工知能を使用して、感染の進行と制御に関する情報の抽出が可能になります。

Roberto Siagri, EurotechのCEO

IOTA CommunicationsのCEOから同様の考えがCACMの記事にて紹介されています。

IoTにより相互接続されたシステムのネットワークと進化したデータ分析、人工知能と接続性は、感染症の拡大を抑制する早期アラートシステムの提供を可能にします。医療施設の負担を軽減するために、感染した患者は遠隔医療にてモニタリング可能になります。

Terrence DeFranco, IOTA CommunicationsのCEO

Society 5.0に向けて

上記のアイデアは、日本政府が提唱するSociety 5.0のビジョンに沿ったものになっています。

各個人のリアルタイムの生理計測データ、医療現場の情報等の様々な情報を含むビッグデータをAIで解析することにより「医療・介護現場でのロボットによる支援で負担を軽減すること」等ができるようになるとともに、社会全体としても医療費や介護費などの社会的コストの削減や医療現場等での人手不足の問題を解決することが可能となります。
japan_society50
※画像は内閣府のHPより引用

労働者の安全を保ち、ビジネス継続性を確保する

doctor_digital

リモートデバイス管理は、医療従事者が重度に感染した患者と継続的に直接接触するのを防ぎ、医療施設が医療機器の稼働や機能をリモートで監視を可能にします。リモートから技術的なオペレーションを実行することで、感染症集団発生の環境においての労働者の安全維持を可能にします。

コロナウイルスが原因で、工場が一時的に閉鎖され、サプライチェーンが数千の企業に潜在的な経済的影響を与える危険にさらされています。 IoTとリモートデバイス管理は、厳しい時期におけるビジネス継続性を確保するのに役立つソリューションです。

ソリューションの基本構成

予防システムの基本構成は以下を含みます。