アドバネットの

ExpEther™ソリューション

ExpEther Logo

CMを見る

ExpEther™とは

近年、次世代インダストリーに向けて製造現場における多品種少量生産対応や生産性向上の必要性が高まっています。これに伴い産業機器には短期間開発や低コスト、高性能が求められており、低コストかつ柔軟で高性能なシステム構築のためイーサネットやPCI ExpressⓇを活用するケースが増えています。

 

一方、産業機器では広い建屋内に機器を分散配置することもあり、イーサネットでは高信頼通信、PCI ExpressⓇでは長距離通信が課題となります。

 

NECが開発したExpEther™は、イーサネットを通信路として高速・高信頼なプロトコルによりPCI ExpressⓇのデータやクロック信号を伝送します。これにより高い信頼性を保ちながらPCI ExpressⓇ接続を1km以上の長距離に延伸することが可能となります。また一般的なスイッチを含むネットワークでも動作するため、通常のイーサネットと同様に柔軟なネットワーク構築が可能です。この他汎用デジタルI/Oの伝送もサポートしており、離れた機器間で電源やリセット信号の低ジッタ同期を実現できます。

ExpEther How It Works

柔軟で低リスクなシステム開発にアドバネットのExpEther™ソリューションを!

アドバネットは、この技術を最大限に活用するためExpEther™ボードの新シリーズを開発しました。

 

このシリーズには1G ExpEther™ ホストバスアダプタ製品と 1G ExpEther™ スレーブアダプタ製品が含まれています。ExpEther™エンジンはソフトウェアからトランスペアレントなPCI ExpressⓇスイッチとして認識されるため、導入にあたり特別なドライバやソフトウェアは不要です。既存資産を活用しながらシステムの拡張が可能であるため、お客様の開発プロセス短縮やリスク軽減にお役立ていただけます。

Advanet Expether How It works

半導体製造装置向け​ ExpEther™ご提案例

ユースケース1:高解像度カメラによるウェハ検査装置

  • 別筐体に分けられるため、部品選定に関する制約(筐体サイズ、バスなど)が緩和しやすい。
  • 部分ごとの修理、更新等がしやすい。
  • 最終製品のモデルごとに性能差をつける場合にも柔軟に構成変更しやすい。
ExpEther Use Case 1

ユースケース2:検査データの保存

Infiniband、Ethernet等を通してSANへ接続するのではなく(ソフトウェア的に)PCIeとしてストレージBOX内のNVMeへ接続すると、ソフトウェア要素(ドライバ等)が減り、開発のリスクやコストが下がると期待。
ExpEther Use Case 2

ユースケース3:VME CPUボードからBOXPCへの切り替え

レガシーシステムとの互換性やハードウェア/ソフトウェアの流用性を確保しながらも新しい拡張カードやプラットフォームを採用できるため、段階的なHWのアップデートが可能となります。
ExpEther Use Case 3

アドバネットのExpEtherボード

Filters Sort
製品イメージ
製品型式
概要

ExpEther™ HBA PCI Express® add-in card

ExpEther™ Slave CompactPCI® Board