medical_application_predictive_fi

コネクテッドヘルスケア時代における医療機器のリモート管理・予兆保全

デジタライゼーションが医療ヘルスケアの世界に大きな変革をもたらしています。 “Internet of Medical Things”(医療版モノのインターネット)により、現場の医療機器が相互接続され、ヘルスケア企業のお客様や医療関連施設を利用する患者さんへのサービスが大幅に向上しているのです

いま、ヘルスケア業界は転換期を迎えています。デジタライゼーションとIoTテクノロジーが、医療機器メーカーのマーケットに革命をもたらし、その革新的な技術やツールによって、付加価値の創造や業務プロセスの向上を実現しています。

医療向けコネクテッドデバイスの数は増え続けており、そうしたスマートデバイスやウェアラブルデバイスからのさまざまなデータをモニタリングする健康関連のアプリケーションが数多く開発されています。 また、クラウドテクノロジーの進歩に伴い、デバイス及び取得したデータのリモート管理・モニタリングが可能となったことは、コンシューマー市場、BtoB市場の双方にとって大きなメリットとなっています。

予測・予防ヘルスケア:IoTを活用したリモートデバイス・モニタリング

 

予測・予防ヘルスケアとは、現場で稼働するデバイスで収集したデータ(主に医療装置・医療機器のそれを指すが、患者さんの健康データも含む)によって、業務プロセスの改善、緊急時の適切な対応、また医療機器の不具合を予測するといったものです。最終的にはサービスの品質と顧客満足の向上につながります。

 

今日の医療・ヘルスケア企業は自社のデバイスや医療向け装置から取得したデータを、クラウドまたはエッジといったツールを用い、高度なレベルで解析することができます。これにより、メンテナンス費用削減のほか、より特化した予兆保全プログラムへと発展させていくことができます。

 

こうしたシナリオを、Eurotechのハードウェア及びソフトウェアに搭載されたビルディングブロックが、エッジデバイスとクラウドとをデータ接続する、エンドツーエンドのIoTアプリケーションとして実現しています。オープンアーキテクチャに基づいた、堅牢でファンレスかつ低消費電力のマルチサービスIoTゲートウェイは、IoTに必要なコンピューティング機能(ゲートウェイがフィールドデータを収集し、エッジ側でリアルタイム処理を実行、そしてより高度な分析のためにクラウドへとデータを送信)を提供します。

ReliaGATE 20-25

ユーロテックのマルチサービス IoTエッジゲートウェイで、フィールドデバイスとクラウド間のデータ接続が可能に

医療機器のリモート管理・予兆保全のためのエッジツークラウド IoTインフラストラクチャ

 

Eurotechは、医療・ヘルスケア企業と密に連携し、医療現場の各デバイスとITソフトウェアアプリケーションとを統合するIoTテクノロジーで、プロダクト及びアプリケーションにおけるゼロ変更 (The goal of zero changes) を目指します。

 

そして、世界中のクリニックにある医療機器、もしくは患者さんが着用するヘルスケア機器向けの技術サービスを、非常に安全かつ効果的に実行できるソリューションとして提供し、成功を収めています。

 

インテリジェント医療デバイスのグローバル展開とサービス提供における共通の課題として、エッジ側にソフトウェアを搭載する際に求められる極めて高いフレキシビリティが挙げられます。洗練されたIoTアーキテクチャの場合、強固なエンドツーエンドのセキュリティ上で、医療機器のテクニカルデータへのアクセスやそのコンフィグレーション管理といった、ローカル側の機能・プロセスを可能としなければなりません。さらに、IoT エッジゲートウェイと医療機器間の通信を確立するために、広範囲に及ぶ新規/既存プロトコルとのインターフェースをサポートする必要があります。

 

こうしたプロセスは、EurotechのEveryware IoTで実現することができます。Everyware IoTとはエッジツークラウドのアーキテクチャで、次に紹介するEveryware Software Framework(ESF)とEveryware Cloud(EC)、またマルチサービスIoTエッジゲートウェイとを組み合わせたものを意味します。

 

IoTエッジフレームワークのESFは、エッジデバイス上のアプリケーションまたはビジネスロジックの開発と展開を加速します。

esf_easy_table

ESFの機能概要

ESFは、フィールドプロトコルのネイティブサポートにより、エッジ側でのデータ収集、フィルタリング、ロギングとその管理を可能とします。ビジュアルアプリケーション開発環境があるため、個々のアプリケーション・ビルディングブロックのコーディングをゼロから作り込む必要はありません。ESF Wiresはマーケットプレイスで入手できるプリコンフィギュレーション・プログラムで、エッジコンピューティングとIoTアプリケーションを簡単に構築することができます。

esf_wires_pic

ESF Wires ~ビジュアル環境でIoTアプリケーション開発をカンタンに~

EurotechのIoTインテグレーションプラットフォームである Everyware Cloud (EC) は、既存のエンタープライズ ITインフラと簡単にインターフェースを取ることができ、標準APIを介してデバイスのリアルタイムデータ及びデータ履歴へのアクセスが可能です。現場へのスムーズなデバイス導入のほか、効率的なリモート機能によるライフサイクルマネジメントを実現します。統合型インテグレーションプラットフォームのEveryware Cloudは、オンプレミス及びプライベートクラウドのいずれでも導入、利用が可能です。

Eurotechの医療向けIoTソリューションのメリット

 

システムインテグレーター、OEM、エンドユーザーなどの事業者は、Eurotechの Everyware IoTビルディングブロックで、予兆保全やさまざまなIoTアプリケーションへのメリットを享受できます。例えば、医療機器メーカーはクラウドIoTサービスを通じて、現場の利用者をリモートでサポートすることができます。つまり、エッジからクラウドまで構築されたインフラによって、現場で収集した解析用データを、サポートセンターへと送信し、そのデータをリアルタイムでモニタリングしながら、リモートでアシストすることができるのです。

 

さらに、デバイスにエッジコンピューティング機能を付加することで、現場で直接、高度なデータ分析とデータ管理アプリケーションの運用が可能となります。また、蓄積したデータをもとに、予兆保全やその他のアプリケーションによるコスト削減と運用効率の向上を図ることができます。

 

医療・ヘルスケアソリューションのパートナーとしてEurotechと協業することは、世界で最先端のIoTソリューションを持つ医療機器の導入・サポートの実現を意味します。お客様は、多岐にわたる運用プロセスの繁雑さをカプセル化し、組込みアプリケーションに必要な高い信頼性を保ちながら、扱いやすい製品やサービスといった提案ができるほか、Eurotechの時代をリードするIoT専門技術とポートフォリオを活用しながら、戦略的にビジネスの選択と集中ができるのです。

エッジ・ツー・クラウド IoTソリューション

IoTアプリ開発を簡略化
プロジェクト展開を加速
インフラコストを削減