新型コロナウイルスに対する当社対応方針について

2020年6月23日

 

お客様各位

 

平素より弊社に対する特別のご高配を賜りお礼申し上げます。

弊社では、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として、東京支社では在宅勤務を、岡山本社、工場でも在宅勤務、またはシフト制勤務を実施しておりました。

その後、緊急事態宣言解除ならびに政府や岡山県による段階的な自粛要請解除の発表を受けて、6月15日より岡山本社、工場を通常勤務の状態に戻す対応を取らせて頂いております。なお、東京支社におきましては、引き続き、時差出勤ならびに一部従業員の在宅勤務を継続させて頂いております。

弊社といたしましては、お客様の事業継続に貢献するために、引き続き最大限の企業努力を行って参ります。

ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

株式会社アドバネット

 

 

2020年4月24日

 

お客様各位

 

平素より弊社に対する特別のご高配を賜りお礼申し上げます。

弊社では、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として、東京支社では在宅勤務を実施しておりましたが、政府からの全都道府県を対象とする緊急事態宣言発令に伴い、4月20日より順次岡山本社、工場でも在宅勤務、またはシフト制勤務を実施させていただくこととなりました。

また、上記の対策を施行しましたが、平行して週末及びゴールデンウィークの一部で工場を稼働させるなどお客様の事業継続に貢献するために最大限の企業努力を行って参ります。このような状況の中、今後製品供給等で何らかの問題が発生した場合には弊社より速やかにご連絡させて頂きます。

ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

株式会社アドバネット

 

 

2020年4月20日

 

お客様、パートナー、サプライヤーの皆様へ

 

日本政府は全国的な感染拡大の状況、専門家の知見や自治体や医療関係者の声を踏まえ、一日も早い事態の収束に向けて、一丸となって取り組むことを重大な決意として、全国的な非常事態宣言を発令しました。

 

経団連会長の声明にもありますように、全国的な非常事態宣言の下では、国民の生命と生活を守ることを最優先に考えながら、医療提供体制や社会機能の維持、雇用の維持、事業の継続に全力で取り組まなければなりません。

 

感染拡大を食い止めるためには、国民・企業・組織の一人ひとりが危機感を共有し、一丸となって取り組む必要があります。弊社は、この一丸となった取り組みに積極的に参加しています。

 

アドバネットでは、2020年4月20日より、安全衛生に関する新たな要求事項に対応するための運用計画を策定しています。これにより一部の活動がテレワークで行われ、一部の部署でシフト制を導入することになりますが、アドバネットはこれまで通り営業体制を完全に維持しています。

 

この危機が始まった当初から述べてきましたように、私たちにとって最も重要なのは安全・健康であり、今後も変わりはありません。この方向性に沿い当社の事業所の安全な環境とテレワーク活動に従事する際の効率性を維持するための対策を強化し、当社の企業活動を担保しています。

 

なお本計画は2020年5月6日までを想定しておりますが、刻々と変化する状況に応じ調整していくことがありますので、皆様のご理解とご協力をお願い致します。

 

アドバネットはパートナーやサプライヤーと共に、日本の主要なお客様をサポートし続け、日本の社会を守り、私たちの未来のために貢献していきたいと考えています。この憂鬱な時代を乗り越えるために、一緒に頑張りましょう。

 

感謝の気持ちを込めて

 

株式会社アドバネット

代表取締役社長 ルドヴィコ・チフェッリ

 

 

2020年4月1日

 

平素より弊社に対する格別のご高配を賜り、お礼申し上げます。

このたびの新型コロナウイルスの感染拡大を受け、弊社ではお取引先様と弊社の従業員の健康と安全を確保し、事業への影響を最小限に抑えることを目的として、弊社への来訪者の皆さまに対し、以下の通り来訪制限を設けさせていただきます。

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

1.弊社への来訪を制限させていただく対象者

(1) 日本国外務省による「感染症危険情報」で、危険レベルが「レベル2」以上に指定されている国および地域を出国した日から14日を経過していない方

(2) 37.5℃以上の発熱、倦怠感、咳などの症状がある方

    • 受付にて、ご入館時に非接触タイプの体温計を用い、お客様の体温を確認させていただきます。(宅配便業者、郵便配達、タクシー運転手など、入館がごく短時間の場合は除く) ※4/8より全ての来訪者を対象とさせていただきます。
    • 37.5℃以上の発熱が確認された場合、ご入館をお断りさせていただいております。

2.来訪制限対象施設: 株式会社アドバネット全拠点 (本社、工場、東京支社)

 

なお、弊社従業員に関しても、37.5℃以上の発熱がある場合には出勤を停止しております。

 

 

株式会社アドバネット

 

 

2020年2月28日

 

弊社では厚生労働省からの指導に応じて、新型コロナウイルス感染症の拡大リスク防止のため、必要に応じて勤務時間の変更、テレワーク、遠隔会議を認めるなどの対応策を実施しています。弊社にお越しになるお客様および業者の皆様にも、ご来訪の際に感染予防策をお願いしています。

 

弊社はお客様へのサービス品質を維持すべく、またこのような困難な状況において日本社会を支援すべく、全力で努めております。

 

何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

株式会社アドバネット

当社社長よりメッセージ

2020年4月1日

 

私たちは前代未聞の時代を生きています。COVID-19のパンデミック(新型コロナウイルス感染症の大流行)は、医療システムに多大なストレスを与え、多くの国で数万人の死者を出すなど、世界の国々の基盤を揺るがしています。次から次へと、世界のほぼすべての国が、亡くなった家族、親戚、友人、同僚のために涙を流しています。これは非常に悲しいことであり、被害に遭われた方々一人一人に心からの哀悼の意を表します。

 

 

弊社アドバネットでは、日本においてもパンデミックが発生しかねないという前例のない予測不可能な状況に備えて準備を始めています。この危機的状況が発生した当初から、健康が最優先であるというメッセージを社内で共有してきました。従業員の身体的および精神的な健康、そして何よりもまず、大切なお客様、パートナー様、サプライヤー様を含む我々のビジネスの健全性を確保することが最優先であると考えます。そこで、弊社におきましてこれまでに実施してきた対応策についてご説明したいと思います。

 

 

弊社では今から3週間以上前の3月初旬に、COVID-19のパンデミックとそれによる事業への影響への対策を取るべく、社内各部門のメンバーによるCOVID-19特別委員会を組織しました。この特別委員会は、毎日朝一番に会議を開き、情報共有を図るとともに、取るべき対策を議論し、また既に実施中の対策の状況確認も行っています。以下は取組の一例です。

 

 

  • 全従業員向けの感染予防策啓蒙活動と、各職場での毎日の除菌清掃および換気の実施
  • 一部の部門におけるテレワークの導入、事業場間の往来制限
  • 全従業員および弊社来訪者の健康状態確認(検温実施と37.5℃を超す場合には入館不許可)
  • 緊急時対応策の強化、とフェーズが変わった場合に備えて先手先手での対応策検討準備
  • お客様、パートナー様、サプライヤー様とのコミュニケーション強化

 

なおこれらの対策は、日本の行政から推奨されているものに加えて、弊社の特別委員会によって独自に決定されたもの、或いは先行して実施されたものであることを付け加えさせていただきます。

 

 

また、弊社の特別委員会は、東京支社以外の業務をテレワークに移行する機会についても慎重に検討しています。これは、状況の変化に応じて、また実際に移行する場合に必要となる技術面での準備が必要なため、現在も継続的に検討されています。これまでのところ、全従業員の安全が確保されている限りは、従業員が会社に出勤している状態での運営を維持しています。つまり、現時点では弊社はパートナー様およびサプライヤー様と連携しながら、お客様へのサービスを継続し、お客様のビジネスをサポートさせていただける状態にあります。

 

 

これは前代未聞の事態であることを、あらためて強調させていただきます。どの企業も、これまでにこのような脅威にさらされたことはありません。我々は、誰にとっても初めてのことに備えて準備をしておく必要があります。弊社従業員の健康確保のため、この先、数日あるいは数週間のうちに新たな情報が入り次第、対策の変更が必要となることがあるかもしれません。皆様のご理解とご協力をいただけますよう、お願い申し上げます。

 

 

弊社アドバネットは、パートナー様およびサプライヤー様とともに、日本の主要企業である我々のお客様をサポートし続けてまいります。そして、日本社会の安全を護り、社会全体の幸せに貢献してまいります。互いに協力し、この重苦しい時期を乗り越えてまいりましょう。

 

 

 

代表取締役社長 ルドヴィコ・チフェッリ