EurotechのReliaGATE 10-14が2019年IoT Excellence Awardを受賞

EurotechのReliaGATE 10-14が2019年IoT Excellence Awardを受賞

ReliaGATE 10-14が持つマルチサービスゲートウェイとしての柔軟性とモジュール性が、主催者のTMC (Technology Marketing Corporation) とCrossfire Mediaから高く評価されました。

iot_excellence_awards_reliagate_10-14

Eurotechは、IoTに向けたソフトウェアとハードウェアの設計/製造から、ソリューション/プロフェッショナルサービスの提供までを手掛けるグローバル企業です。この度、Eurotechは自社のマルチサービスIoTエッジゲートウェイ「ReliaGATE 10-14」が、TMCとCrossfire Mediaが主催する「2019 IoT Excellence Award」を受賞したと発表しました。

 

この2019 IoT Excellence Awardは、センサーやシステムなどから収集されるデータ情報に基づき、推論や仮説を立て、ビジネスや個々のより高度な意思決定を可能にする革新的な製品に贈られる賞です。

 

NXP i.MX 8M Mini Cortex-A53クアッドコアプロセッサを搭載したReliaGATE 10-14は、堅牢性が求められる産業用アプリケーションを対象としたIoT接続機能とエッジコンピューティング機能を持っています。コンパクトかつファンレス設計のため、設置場所に制約があるアプリケーションに最適です。また、Eurotech が自社で開発したIoTエッジフレームワーク「Everyware Software Framework(ESF)」を搭載しており、フィールドプロトコル(Modbus、OPC-UA、S7など)のネイティブサポートや、高度なデータ管理機能のほか、自社のIoT統合プラットフォーム「Everyware Cloud(EC)」をはじめ複数のIoTクラウドサービスへの高い接続性も備えています。

 

EurotechのCPO(Chief Product & Marketing Officer)、Giuseppe Suraceは次のように述べています。

「IoTソリューションの実現のため、ファンダメンタルなビルディングブロックを提供する当社の柔軟性とモジュール化を重視したアプローチが改めて評価され光栄です。ReliaGATE 10-14はハードウェアとしてのモジュール性が高いので、エッジでデータを収集/管理するソフトウェア・フレームワークのメリットを生かせるだけでなく、クラウド上でOTとITを統合し、管理がしやすく柔軟性にも富んだエンド・ツー・エンドのIoTソリューションを構築することができます。」

 

Crossfire Media、 CEOのCarl Ford氏は次のように受賞者へ賛辞を贈りました。

「2019年IoT Excellence Award受賞の皆様おめでとうございます。皆様の卓越した技術やサービスはこれからのIoT業界をリードしていくものとなるでしょう。今後のご活躍に期待しています。」

 

TMCは20年以上にわたり、さまざまなテクノロジー分野の企業に対してその功績を称えてきました。同社の賞は通信技術の分野において世界で最も名誉ある賞のひとつとされ、今日の技術進歩に大きく寄与した企業へ贈られており、各受賞者は各業界やマーケットで注目を集めています。