Advme2608A

商品カテゴリー:

Advme2608Aは、16ビット分解能のA/Dコンバータボードです。64ch(シングルエンド)または32ch(差動)の入力チャネルを持っています。
入力レンジとして、±10V、0~5V、0~10Vに対応しており、ジャンパスイッチにより全チャネルを一括していずれかの入力レンジに設定することができます。
入力チャネル間は絶縁されていませんが、入力チャネル側とVMEバス側とはフォトカプラで絶縁されています。
ボード内部のステートマシンにより、入力チャネルをスキャンしながら自動的にA/D変換が実行され、A/D変換後のデータはFIFOに格納されま
す。このようなことから、多チャネルのA/D変換であっても、ホストCPUに負荷をかけません。
ボード内部のペーサクロックを利用することにより、周期的にA/D変換を実行させることもできます。

  • 分解能16ビット64チャネルアナログ入力
  • 入力レンジは、コネクタ(CN1、CN2)ごとに±10[V]、0 ~ 10[V]、0 ~ 5[V]、0 ~ 20[mA] (電流モード)のいずれかに設定可能
  • アナログ入力数は、シングルエンド時64チャネル、ディファレンシャル時32チャネル
  • アナログ入力信号とデジタル回路とはフォトカプラにより絶縁
  • 3つのトリガモードをサポート: ソフトウェアトリガ一括変換モード、外部トリガ信号連続一括変換モード、ペーサクロック(内蔵タイマ)トリガ連続一括変換モード
  • VMEダブルハイト、シングル幅、A16、D16、D8(EO)のVME ボード
  • VMEバスより供給される5V単一電源で動作可能
カスタム製品にご興味のある方は問い合わせください。