DynaCOR 50-35

Automotive HPEC Server
Dual 14-core Intel Xeon, Liquid Cooled

DynaCOR 50-35は、車載向け認証取得済みのコンパクトなHPECコンピューティング・プラットフォームです。

 

最高14コア、2.6GHzのIntel® Xeon® E5-2600v4 CPUを2基搭載しています。また、64GB ECC RAM及び高性能GPU*, NIC (Network Interface Controller)、NVMe SSDカードを搭載しています。

 

振動や衝撃に耐え得るよう設計されており、E-Mark認証*を取得しているので、高い信頼性や堅牢性が求められる自動運転などのアプリケーションに最適です。

 

TensorFlowCaffeといったディープラーニングや高性能計算アルゴリズムをサポートしており、自動運転やAIアプリケーション向けの理想なプラットフォームを提供します。

 

独自の液冷技術により、ファンレス・ベントレスのコンパクトな筐体で最高1kWまでの消費電力をサポートします。冷却水が各ボードと密に結合されたコールドプレート内を循環することで、効率の良い排熱が実現されます。

 

*GPUは最大2台まで搭載可能

*E-Mark認証: ECE法規もしくは欧州自動車EMC指令の要求事項に適合した自動車部品に対して表示する適合マーク

  • 車載システムにて各種ディープラーニング
フレームワークでの学習を実現
  • 車載用電子機器 E-Mark認証
  • 車載向けHPECプラットフォーム
  • 液冷システムによる高密度設計
  • 高度なカスタマイズ性
カスタム製品にご興味のある方は問い合わせください。