BoltGPU 10-31

Rolling Stock and Automotive Subsystem for AI and Machine Vision

 BoltGPU 10-31は、鉄道や自動車向けアプリケーションでGPUアクセラレーションを可能にする堅牢型サブシステムです。

 

6コアの高性能ARM® CPUと384基のコアGPU、また48基のTensorコアを実装しているNVIDIA® Jetson Xavier NX™ を軸に、卓越した電力効率と最大21TOPSの高速コンピューティングを提供します。

 

本製品は過酷な使用環境においても一般的な処理とGPUアクセラレーションを要する処理の両方を実行することが可能な電力効率の高いスタンドアローンユニットで、 EN50155、EN45545、E-Markなどの鉄道・車載向けの認証を取得しています。

 

BoltGPU 10-31はセンサの接続や高度なネットワーク構築を可能とする十分な高速インタフェース(ノイズ・サージ保護付き 3x GbE、4x GMSL、3x USB3.1 Gen2)を備えているため、同時に複数の高速・高フレームレートのカメラからデータを受信、処理することが可能です。さらにWi-Fi 6、BT5.1、LTEモデム(オプション)により、最先端のワイヤレス接続も可能です。

 

ビデオ等のデータを保持する大容量ストレージとして内蔵NVMe、またリムーバブルストレージとしてはmicroSDが利用可能です。

 

絶縁型CAN-FDや光絶縁型DIO、アンテザードデッドレコニング(オプションでRTKも可) を備えたGNSS、堅牢型M12コネクタを採用しており、鉄道・車載用途向けでも利用可能です。

 

イグニッションセンス機能と広範囲電源入力(24-110VDC、EN50155)、EN50155 OT3動作温度範囲(-25~+70℃)により、様々な輸送アプリケーションや過酷な使用環境にもご利用いただけます。

 

また、本製品はBoltGATE 20-31や、Eurotech製の拡張モジュールと同じフォームファクタを採用しているため、追加機能を有したハイブリッドアーキテクチャを構築することができます。

 

カスタム製品をお探しのお客様には、ブランディング(筐体表面の色など)からHW / SWコンフィギュレーションに至るまで、パーソナライズや幅広いカスタマイズオプションをご用意しています。

  •  GPUアクセラレーション
  • マルチカメラ入力
  • 高速インタフェース
  • 鉄道・車載用途
  • 堅牢仕様
  • カスタマイズ性
カスタム製品にご興味のある方は問い合わせください。