CATO logo Smart FPGA
Platform
CMを見る

XILINX社 Kintex UltraScale+ FPGA搭載

NXP社のi.MX8プロセッサとXILINX社 Kintex UltraScale+ FPGAを搭載するシステムオンモジュール。

高速LPDDR4メモリ

LPDDR4メモリ、eMMC、GbEなどのデバイスを統合しており、カスタムキャリアボードの開発により、マシンビジョン/産業用ネットワーク通信などを含むIoTエッジコンピューティングの幅広い用途に使用可能です。

幅広い用途のアプリケーションに最適

また、他のCPUモジュールと異なり高速大規模FPGAを搭載することにより、既存資産のIP化による置き換え、高速データコンバータ、ニューラルネットワークなどレガシーからハイエンドまであらゆる用途に利用可能です。

HIGHLIGHTS

・ NXP社のi.MX8プロセッサとXILINX社Kintex UltraScale+ FPGAを中心に構成

・ CPU (LPDDR4 SDRAM) およびFPGA (DDR4 ECC SDRAM) 用の2つの独立したメモリチャネル

・ 超高速メモリ帯域幅

・ USB3.0、ギガビットイーサネット、MIPIなど高速インタフェースを提供

・ 数多くのユーザI/Oを備えたハイスピードフローティングコネクタ

・ 拡張温度範囲で利用可能

・ 独立したサービスプロセッサと電源二重化により高信頼性を確保

・ 組込みLinux BSPとツールチェーンが利用可能

Xilinx Kintex Ultrascale+

Features

  • NXP社ARM Cortex-A72/Cortex-A53/Cortex-M4F、MX 8QuadPlus 1.6GHzプロセッサ
  • XILINX社 KINTEX Ultrascale+ XCKU3P-2FFVB676E
  • ロジック・セル356K、DSPスライス1368、メモリ2Mb、GTYトランシーバ16、I/O 304
  • サービスプロセッサ RENESAS RX65N/RX651
  • CPUメインメモリ オンボードLPDDR4 最大8GB
  • FPGAワーキングメモリ オンボード DDR4 最大 8GB/ECC
  • 高速フローティングコネクタ(ヒロセ製FunctionMAXシリーズ、TBD)
  • 小フットプリント、高密度、高柔軟性、高接続性、高可用性
  • 高セキュリティ
  • 12V電源、高度な冗長電源管理
  • 組込みLinux SDK、サンプルVivadoプロジェクト提供予定
  • 長期供給(10年)
  • RoHS2対応

ブロック図を見る

CATO Diagram

Slide CATO Board

CATOの活用方法や導入方法にご興味はありますか?

以下のフォームよりお問い合わせいただくか、お電話にてお気軽にお問い合わせください!